タカラモノ

永遠を信じたいんだ 想い出はタカラモノ

#俺は岩融

岩大地くんのタグ芸といえばコレ!という#俺は岩融。

大千秋楽のカテコで「俺は岩融!」って叫んだ途端に先頭にハッシュタグつけましたよ。

いやはや本当に岩大地くんはトライアルからこの本公演で一番伸びたってか、本当に目が放せなかった。つばさくんの演技の見どころはまた後日語るとして、物語的にも岩融と今剣の話がメインで進んでいくので(裏で他のメンバーがみんな影響しあって成長して理解を深めていくところももう一つの見どころなんだけど)最初はメインストーリーの二人の話を。

 

トライアルから本公演初日、大千秋楽まで見てきて自分なりにあれこれ解釈を深めていったのだけれども。

この物語で何度も語られる『役割』という言葉。

人には役割があると己の役割と、兄の役割を語る義経公。僕の役割は何だろう?って無邪気に笑う今剣。僕の役割は義経公を守ること、と仲間に刃を向けても義経公を守ろうとしたこと。そして最後に岩融が今剣に与えてあげる今剣の役割。

 

丁度東京公演が終了したあとに原作であるゲームの方で今剣ちゃんの極という爆弾が投下されて、もしかしたら阿津賀志山異聞は全て偽りの物語、虚妄の世界だったのでは!?と混乱したりもしたけど、やっぱり私の中でいまつるちゃんは義経の守刀として存在したし、岩融は弁慶の相棒として一緒に闘っていたのはまちがいないなと。

そうじゃないとあの矛盾という名の蕾、悲しみという名の花の流れとか暖かい血潮の記憶とか説明つかないし、何よりも岩融は最初のシーンで弁慶と共にあって義経公の辞世の句を聞いていたからこそ、最後の後の世もまた後の世も我と共にあることがお前の役割だっていまつるちゃんに言えるわけで。

 

で、いまつるちゃんの『歴史を変えては何故いけないの?』の問いの答えなんだけど今迄は歴史を変える=義経公が生き残る=義経公の守刀として最期に自害に使われた今剣という刀の伝承がなくなってしまう=今剣の存在自体が無くなってしまう→辛いことの先に我らがいるから歴史を変えてはいけないんだって思ってたんだけど、歴史修正主義者によって真の歴史が伝えられて、義経公に舐められていた闇落ちした刀なんだけど(あいつも諸説あるだろうけど私の中では膝丸ではないという設定)あいつも今剣ちゃんと同じで死んだ主の願いを叶えるのが自分の「役割」だって言っててこれってもしかして今剣ちゃんも歴史を変えたいって思ったら闇落ちしてたのでは?と。

本当に敵の刀剣とこちら側の刀剣は表裏一体で一歩間違えばあっちの世界に行っていたという危ういバランスの元で刀剣男士たちは成り立っていて、だからこそ歴史を変えてはいけないんだって思えて。

 

 とった手段と主の想いのどこを汲み取ったかの違いはあれど(舐められていたやつは義経公の心の奥底に眠っていた理由を聞かされないまま討ち取られたことに対する憎悪に感応してしまった)義経公を生かしたいって思いは舐められてたやつも今剣ちゃんも一緒で ただそこにあちら側に行かなかったのは岩融くんが居てくれたからこそで、かつての主が望んだ本当の「願い」を正しく伝えることができたからこそ(それはやっぱり義経公の辞世の句をあの場で聞いていたからこそ)で。

 

でもその言葉を、その役割を今剣ちゃんに与えてあげられたのはあの中で仲間と共に成長したから ホントにクライマックスのあの言葉には重みがあるし、心揺さぶられるし、極は極であれこれ思うところはあるけれど(実際あのタイミングで極があったから、刀ミュ考察のきっかけになったと思う)私の中の阿津賀志山異聞では今剣ちゃんは義経公の守刀として役割を全うしたし!岩融くんもかつての主と共に戦場を駆け巡っていたのが目に浮かぶよ!つまり刀剣男士たちは実在するよ!

 

でもこれは私個人の見解で、100人見たら100人の解釈があって、自由に考察ができるのが刀ミュの魅力だと思う。(実際極ベースの解釈も考察も大好きでみんなどんどんやって!って思う)

 
2.5次元ミュージカルってぶっちゃけ人気原作とそれにハマる俳優さえキャスティング出来ればまぁまず失敗はないしってホントにその通りでキャラ萌えが出来ればリピーターはつくし、大成功と呼べなくもないけどそれを否定しないし、そう思われてる部分も大いにあるなーと思ってたけど、役者は本当に魂削ってその役を自分のものにして正にその身に2次元のキャラクターを宿してくれて。
生半可な気持ちでやってないし、今迄見てきたどの2.5次元ミュージカルと呼ばれるものはみんな素晴らしかった!!!と比べようは無いんだけどterm三条with加州清光で刀剣乱舞ミュージカルというものを作ってくれて、一時の夢のような時間をくれて、本当に演出の茅野さんを始めスタッフさん、役者さん、アンサンブルさんたちに心から感謝していてだからこれだけのものを見せられては次の子たちもプレッシャー半端ないし、次にバトンタッチしてしまったことが辛くもあるけど、これからも刀ミュを応援していこうと心に決めました。
 
個人的には大千秋楽もすごく良かったけどベストオブ岩融くんは6/8のマチネです。
あの時は本当に演技が神がかってて、いまつるちゃんも岩融くんに引っ張られるようにすごい熱演で、キミの詩も涙声で、見てるこっちももうガチ泣きで。あの瞬間に立ち会えた奇跡に感謝します。